お金についてプロに相談することも大切です。
Contents

お金を普通預金に預けるとき地元の銀行を利用

お金についてプロに相談することも大切です。 全国には多くの銀行があります。まず都市銀行があり、都市部に本店をもち、主要な都市に支店などを持っている銀行になります。都市部に住んでいる人であったり、地方の大都市に住んでいる人であれば利用しやすいかもしれません。ただし、地方に行くと徐々に店舗数は少なくなっていきます。県庁所在地であったり、第二の都市ぐらいにしか支店がない場合があります。それらの市以外に住んでいる人だと利用しにくい銀行になってしまいます。

お金を普通預金に預けるとき、まずは地元の銀行を利用することを考えます。自分自身の行動範囲を考えて、その中で最も利用しやすい銀行を利用します。地方に住んでいるなら地方銀行であったり信用金庫、信用組合と言われるところのほうが支店が多くなっている場合があります。小さな街や村においても小さいながらにも支店があることがあります。そこに住んでいるのであれば、都市銀行よりもそちらのほうがすぐに利用することができます。

転勤などをするときにはメイン銀行を変えたほうがいいこともあります。都市部から地方に転勤になった時そのままにしていることがあるようです。また地方銀行は他の都市にはほとんどないので出るときに解約しておいた方がいいでしょう。